12月1日を前に、「進路」について考えてみた。

12月1日を前に、「進路」について考えてみた。

周りは「就活、ES、OG訪問、自己分析、、」と、完全に就活色だ。
それもそのはず。

迫る12月1日にはマイナビなどの就職サイトがオープンする。

就職サイトの使い方など詳しくは、こちらの記事の参照を勧める。
2014就活生へ 11月29日までにやっておきたいこと

就活に関しては、私は別に就活をしたわけでもなければ、今年もするつもりがないのでここでは述べないことにする。
が、このブログを見てくれている同世代のためにも、自分も参考にしている人の就活関連の記事を紹介してみる。
12月1日のナビサイトオープン前に必ず読んでおきたい!私が就職活動生にお勧めするブログ7選&記事13選

就職イベント攻略法!!12月以降のお薦めな過ごし方!!

こんな記事も読むと「就活」という制度に対して考えさせられる。
雨空の新宿に響く 「私たちは就活の奴隷じゃない」

私もみんなと同じように、これからのことについてずっと真剣に考えていた。
そしてみんなが「就活」という選択肢を選ぶように、「休学」という選択をした。
数ある選択肢のなかから、選ぶものが違っただけ。
この記事(やりたいことがあるのなら、休学する前に死ぬ気で頑張れ。)で言われているように、「休学」は何も特別なことではない。

私には将来叶えたい夢があって、そのプロセスとして「海外で働く」という経験が外せなかった。
それからでないと、本当に行きたい企業は考えられなかった。
たくさんの社会人の人と会った3年間で、気になる企業も、魅力的に思う企業もあった。
もちろん今の働き先も大好きで、「ここで働けたら!どんなに良いか!」と思っていたし、良いお話も頂いた。
だけど、自分がまだ「海外で働く」という夢に対しての実体験がないなかで、日本で就職してばりばり働く事はイメージできなかった。
簡潔に言うと、いまの自分では「就活しない」ではなくて「就活できない」と思った。
インターンをして、お金も稼いで、事業を回すことにもジョインさせてもらった経験をふまえても、しっくりこなかった。
だから、甘えでこの言葉を吐いているわけではない。
親孝行もしたいし、早く安心させたい気持ちも山々だ。

正直に言うと、私の通う津田塾大学は休学費が高く、学費の半分だ。
加えて、いまの時期の休学は基本的に認められないので、後期の学費はまるまる戻ってこないことになる。笑
いや、実際笑えない。

けれど、「行きたいと思ったら行くし、やりたいと思ったらやる。」
そのスタンスでずっと動いてきた自分には運がついているようで、
とてもありがたいチャンスを頂いたので、ためらわずに休学届けを先日出してきた。

目先の事に捕われず、自分が将来したいことをふまえた上での選択が常にできていれば
人生は楽しくなるのだろう。
この選択が正しいか、間違っているか。
それは誰からしてもわからない事だし、何を以て物事を正しいというのか。と私は思う。

だが、「いまの私」にとってこの選択はとても重要なこと。
そして将来の夢へのステップになること。
それは間違いないといえる。

難しい事言ってるようだけど、
シンプルに、楽しく自分のやりたいことができる人生であれたらいいなと。

そんな12月前。
BUMPのスノースマイルと、
バンホーテンのココアと、
白ニットの女の子たちが闊歩する
そんな時期になりましたね。

広告

12月1日を前に、「進路」について考えてみた。」への1件のフィードバック

  1. 冬が寒くて本当に良かった
    君の冷えた左手を僕の右ポケットにお招きするためのこの上ないほどの理由になるからね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中