インターネットを使うって? #学生500人ブログ #One_Voice

この文章は11/29(木)に行われる“インターネットと『新しい政治』―その実現へ向けて( http://peatix.com/event/8373 ) 及び12/16にある衆議院の総選挙に向けてのオンライン企画 #学生500人ブログ の一貫として書いています。

という事で、今回は「インターネットについて」の切り口から記事を書きます。
ちなみに以前 #学生100人ブログ で書いたのはこちらの記事。⇒情報が錯誤する時代のなかで。【 #One_voice #学生100人ブログ 】

インターネットは、今や私たちの身近にあるものです。

ボタン1つ押せば海外に繋がれて、
サイトもつくれて、
自分の表現したいことを人に示すこともできる
人ともモノとも簡単に繋がれる
そんな、可能性を無限に広げる媒体、それがインターネット。
私はそう思います。
人が幸せになる力添えができる、生活を彩ることができるもの。
7610535900_c9e9821725_n
ただ、インターネットを使って幸せを創出するではなく、不幸のきっかけになることも多々あるのがインターネット。
悪口を言う
人の生き方を否定する
馴れ合い
自分の権力を誇示する
他人の不安をあおることだってできる。

それだけ「自由」なもの。
それでいいのでしょうか?
本来のインターネットの役割から外れている気がします。
そして様々な可能性を潰している。
自分の価値も下げている。

メディアとしての使い方を私たちは考える必要があると思います。
情報の発信の仕方を考える必要があると思います。
「馴れ合い」をすることを否定しているわけではありません。
ただ、そこに時間を割いたとしても、その時の感情を収まらせるだけで、解決したわけではありません。
その悩みを超える力をつけることしか根本的な解決策はありません。

インターネットをどのように捉えていますか?
自分の欲しい情報だけ取り出せていますか?
多量の情報に踊らされていませんか?

正直今回の選挙に関しては述べることがありません。
それは自分の知識がないことはもちろん、政党が述べる政策に信頼がおけないからです。
意見を言ってはすぐ変える
自分の意見に自信がない
そんな政党の事を誰が支援するでしょうか?
だから、今回はプレゼン力、人に伝える力がある人が票を獲得できるのではないかと個人的に思っています。

インターネットのもつ可能性として、こんなイベントもあるのでリンク付け。
あなたの質問に政治家が答える 政治家と話そう by Google

自分次第でどうにでもなるインターネットだからこそ、自分の目で判断し、自分が自分の行動を理解して使いたいですね。

この文章は11/29(木)に行われる“インターネットと『新しい政治』―その実現へ向けて( http://peatix.com/event/8373 ) 12/16にある衆議院の総選挙に向けてののオンライン企画 #学生500人ブログ の一貫として書きました。
このオンラインイベントに興味が有る方は こちら  (http://matome.naver.jp/odai/2135367362089039601)をご参照下さい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中