一生で出会う人の数。

人が一生のうちに出会う人の数

何らかの接点を持つ人が3万人。 そのうち近い関係(同じ学校、職場、近所など)が3000人。
さらにそのうち親しく会話を持つのが300人。
友人と呼べるのが30人。
親友と呼べるのが3人。
というそうだ。
2252997820_a0199b7499
生きていて、外の世界に出ていれば、人と関わる機会はいくらだってある。
誰とも話さない日がたとえあったとしても、 コンビニの店員さんと会う。
電車でたくさんの人をみる。
たとえ、たとえ3万人と接点をもったとしても、
そのなかで自分が「大切にしたい」と想える人はどれだけいるんだろう。
この人のために
自分の身を削ってでも、
自分がどうなってもいいから、と想える人は生きていく上でどれだけいるんだろう。
生きていくと人と関わることは大前提だから、
自分がどんな人を求めて
どんな層と普段一緒にいて
ってことはすごく大切だと思う。
【幸せってなんだろう。】
私は、一緒にいる人が幸せそうなときに「幸せ」を感じる。
この人のために、なにかしたい!力になりたい!っておもうときに幸せを感じる
ああ、この人のこと好きだなあって。
好きな人がいることって幸せだなあって。
そんなことを書いた記事がこれ
って、そんなことをしみじみと感じる夜のこの時間。
それもまた、幸せな時。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中