1/23-決意をするという事

今日はインターン関連で、Goodpatch CEOの土屋さんにお会いしてきました。
彼は元btraxのインターン生で、とても優秀だと土屋さんの周りの方は口を揃えます。

起業して1年が経ちました
この記事に書いてあるようなお話も、直接聞く事ができました。

彼の話は、今でこそ愛に溢れていたが、その裏にはたくさんの「痛み」を感じた。

「決意」を言葉にするのは簡単だが、
行動に表すのは、なかなかやりきれる事ではないと強く思った。

決意には「痛み」を伴う。
「痛み」に耐えて、乗り越えて、
「孤独」を経た人が、たくさんの人に恵まれるのであろうと。

そんな事を漠然と考えた。

そして私の大切な本からの引用ー
たいまつにしても、ろうそくにしても、輝くためには燃えないといけないのです。
それは痛みを伴うし、エネルギーも使う事でしょう。
それがいやだからといって、燃えるのを拒む時、その燃えないたいまつ、火のともらないろうそくにはいったい何の意味があるのでしょう。
手応えのある人生、それは苦しみを伴う人生かもしれません。
苦しみを恐れるよりも、その苦しみをふさわしく受け止め得ないことを恐れて生きたいと思います。

 

決意したら、後はやりきるだけ。

失敗したところでやめてしまうから失敗になる。
成功するところまで続ければ、それは成功になる。

松下幸之助

この言葉がしっくりくる、そんな大切な時間と感情を抱くことができた。
「やると決めたら、やるだけ。」
そんなシンプルな事を、いつから人はできなくなったのだろう。

日々生きていると気付かされる事や感じる事がたくさんありすぎて、気持ちがおいつかない。
だからこそ咀嚼して少しずつでも自分のなかに忘れられない時間として、得ていきたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中