絵本のもつ力−3/17

弾丸東京滞在も終えて、またまた石川県に帰ってきました!
家がない生活、りあるノマドライフ。。。。
助けて頂いた方、ありがとうございました*
本当に助かりました!

3/17に素敵な人にお会いしたので、その事を書きたいと思います(´ω`)

以前から素敵な言葉をかけて頂いていたけいこさんが東京にいらっしゃるということで、急遽お会いすることに!
けいこさんは関西で、絵本の青空教室をされていたり、読み聞かせをされているとっても素敵な女性です(´ω`)
南米にも最近行っていたりととてもパワフル!
そしてとても愛らしい笑顔をされる方で、周りから愛されている事が伝わってきました*

そんなけいこさんに!
なんと「私のイメージの」絵本をちょうだいしました。
しかも書き手さんのサインまで、、、、
IMG_8011

IMG_3770

こうした心遣いがいつまでも出来る人は素敵だなあと、心底思います。
けいこさん、ありがとうございました!!

========================================
絵本は、人生で出逢う機会が3回あるそうです。
1回目は幼い頃。
2回目は少し大きくなってから。
3回目は自分が子どもに読み聞かせをする頃。

確かに、絵本には子どもの頃には気付く事のできなかった素敵な「教え」がたくさんちりばめられています。
幼い頃の「絵本」の楽しみ方は、内容というよりも様々な事を楽しんでいるように思います。

幼い頃は、読み手の愛情を感じる事に一番の意味があるのではないでしょうか。
こどもは、母親の肌の温もりや息遣い、母親と自分の間に生まれる様々な感情を通じ合わせ、身体全体で楽しんでいると思います。

子どもにワクワクや楽しさ、悲しさ、教訓などを教えてくれる絵本。
それが与えてくれる素敵な時間は、私たちがおとなになっていくなかで、とても重要な意味を残していくでしょう。

親が愛情を伝える手段というのは、多々あると思います。
絵本だって、料理だって、ただ話す事だって。
そんな多々ある切り口のなかで、「子どもを愛する」というもともとの想いだけは忘れずに
色んな手段で「愛」を具現化できていったらいいな、と思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私が好きな絵本。

しあわせ レイフ・クリスチャンソン
スクリーンショット 2013-03-20 11.45.30
しあわせってなに
夏の太陽 それとも降り続いた雨のあとの太陽だろうか

しあわせってなに
勝つこと それともベストを尽くすこと

しあわせってなに
次々と成功をおさめること 
それとも できないとあきらめていたことを やりとげることだろうか

しあわせってなに
ほしいものを全て手に入れること
それとも ほしいものを 探し求めることだろうか

しあわせってなに
王様のように思いのままにできることだろうか
それとも 大切だと思ったら勇気を出して やってみることだろうか

しあわせってなに
人気者になること
それとも ひとりぼっちで悲しいときに
誰かが気づいて心配してくれることだろうか

しあわせってなに
なにかを やり遂げること
それとも なにかに取り組み始めることだろうか

しあわせってなに
自信を持つこと 自分を大事にすること
そして 自分と同じくらい 他の人を大切にすること

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
星の王子様とか、アルケミストとかも何度も読みたくなる本ですよね。
心を豊かに生きる事はいつまでも忘れずにいたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中