自分を越え続けるということ。

お久しぶりの投稿となってしまいました。
毎日得るものが多すぎて、いっぱいいっぱいになっています。
良い意味でも、悪い意味でも。

言葉に落として、文字に綴って、咀嚼しなければ、
やはりその時の経験や感情なんてものは
薄れてしまうものだなあと、ひしひしと感じています。
薄れた分が、たとえ1%だったとしても、その変化というのは大きいもので。
「その時」に感じた事と同じ想いなんて、もう一生抱けないんです。

そんな一瞬一瞬の繰り返し。
それが積み重なっていく感覚。
儚さを感じつつ、だからこそ「一瞬」を咀嚼しなければと、丁寧に味わう必要があると、強く思います。

以前もこんな事書いたなあと思っていたら、この記事で書いてた。
https://yurachim.wordpress.com/2012/12/17/chie/
基本的に、想う事や、感じる事はぶれないから、言い方は変わったとしても、
結局同じ事を私のブログは述べている事が多いのです。笑

5414922859_845ae48c91

そんな私はオフィスなうです。笑(現在3:14)
自分の出来なさに不甲斐なくなる日々が続きますが、それでも元気に過ごしています。

不甲斐なくなり、へこんでしまうのが私のよくないところ。
他責ではなく「自分に要因をおく」事自体は、自分の成長に繋がる考え方です。
ただ、自分に要因をおいて、凹んだり、不甲斐なくなるうちはまだまだなのでしょう。
そこから、「改善しよう」だとか、解決策を探し続けるような、
前に繋ごうとする姿勢に一貫できるようにならなければ、
ポジティブな連鎖は起きないと思います。

まず、「自分は何もできない」という事を素直に認める。
心からそれが認められるようになった時にはじめて、
「前に進もう」という姿勢に一貫するような想いを抱けるのだと思います。

3365462084_780863a416

まだまだ価値を発揮できていないからこそ、どん欲に、歯を食いしばって、努力し続ける必要がある。

どれだけ自分に「できる事」が増えたとしても、
決して甘んじることなく、満足することなく、これからも生きていきたい。

自分の未熟さに不甲斐なくなり悲観する日々が続くし、
仲間には甘えた事を言ってしまうし、
迷惑をかけてばっかりで、
効率もすごく悪かったりするし、
求められている以上ができているか?と自分に問うと自信はなくなるし、
思ったようにも出来ていないけど。

けど、それでも、立ち止まる訳にもいかなくて。
逃げたくもなくて、すごく悔しい想いを抱いて。
自分と向き合う事によって、
自分を越えていく事でしか、
「正解」というのは得られないのだろう。

自分の選択に意味付けをするためにも、自分に立ち向かっていくしかない。
「人生」という選択の連続の積み重ねは、「自分と向き合い、自分を越え続ける」瞬間を
どれだけ逃げずに立ち向かえるかなんだと思う。

まだまだこれから。
日々大切に、丁寧に、これからも過ごしていこう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中