毎日の積み重ねを繋げて。

弊社も5月の締め会がおわり、6月1日がやってきました。
自分のなかでは5月32日な気分のAM3:07です。笑

ここ1週間、とてもしんどい想いを抱いたまま出社する日々が続きました。
朝1からのアポイントには、クラブミュージックを聞いて、
無理矢理テンションをあげて向かうような、そんな日々が続いていました。

凹む一週間が始まったきっかけは、
インターン生に対するフィードバックがしっかり出来ず、
フィードバックが足りなかった事も要因の1つとして
その子が社長に怒られている姿を目の当たりにした時でした。

「自分のせいで、インターン生の成長を妨げいている」
そう思ったときに、自分の役立たなさと、自分が組織にいる価値をマイナスに捉えてしまった事が始まりでした。
そこから、マイナスのスパイラルは続き、真摯に仕事に取り組めなかったり、エゴの部分が強く出てしまったり、
自分が組織に属する意味や価値を感じられず、とことん凹んだ一週間となりました。

“なんで自分はここまでしんどい想いをしなければいけないんだろう?”
“自分は組織にとって不必要な存在でしかない”
なんて、エゴな考えが生まれていたのは事実です。

想いや考えは、環境を創ります。
ここ一週間の私の考えが、負のスパイラルを生んでいたのは当たり前で。
(そんな事を偉そうに言ってるのはこの記事

そんな時に自分は、
自分のいいところがなくなるくらいだったら、逃げたい。
そう思ってしまいました。

実際いまも、その考え方もありだなと思っていて。
自分が潰れるくらいなら、自分が大切にしているものを失うくらいなら、全力で逃げて欲しいと。
「生きる」事自体が、
小さな幸せを噛み締める事が、
日常とってどれだけ大切なものなのか。

その部分を大切にできない限りは、大きな幸せも掴めないと思うからこそ、
なにかに押しつぶされるくらいなら、逃げて欲しいと私は思っています。

ただ、人生というのは毎日の積み重ねで。
生きて、何かに挑戦したり、欲をもっていれば、
歩いている時につまづくのと同じように、障壁にぶつかることは当たり前で。

その壁を越えて、みたいものがあったり、みたい景色があるならば、
踏ん張って頑張るしかないと思います。

壁にぶつかるという事自体は、辛いけれども、
その次に行きたいという強い想いがあるのなら、壁は越えなければならない

最初は、みんながみんな、組織に必要な人間ではないかもしれません。
ただ、「必要な存在」になっていくのであろうと思います。
自分が無の状態から、
どれだけの価値を残せる存在になれて、
どれだけ自分の組織や仲間を愛せて、
自分と闘えるのか。
自分と向き合えるのか

その部分を意識し続けて、もがける人が、
ずっと、ずっと、組織には残っていくと思います。

最初からできる人なんていないんだから、
想いがあるならばあとは力を伴わせるだけ。

“人間が想像できることは、人間が必ず実現できる”
そんな言葉があるくらいなんだから、
どれだけ想いを貫き通せて、
その想いをどれだけ形にできるかなんでしょうね。

さてさて、6月も、ど根性娘はがんばっていきますよ!
書いて思ったんだけど、働きだしてから同じような事しか書いてないね!笑

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中