がんばりすぎて、本末転倒になるべきではない。

今日も自分の気持ちをつらつらと。

火曜日は自由出勤にして頂いている関係もあって、
今日は弾丸で熱海にいって、海にいって、温泉にいって、癒されてきました。
滅多にできない事なので、すごく大切な時間でした。
424184572663

早めに寝ようと思っていたものの、
ここ3日間くらいまたもや凹んでいた自分は
改めてちょっと頑張ろうと、オフィスにいるのです。笑

「私は、木を切るのに忙しくて、斧を見る暇がなかった。」
 1人の実業家が、定年後に語った言葉だそうです。

木を切る手を時に休めて、
なぜ、斧をいたわってやらなかったのかを悔やんだ言葉。

いくら大きな成果を挙げたとしても、
木をきっていた斧である自分自身が
心身ともにすり減っていたら、本末転倒。

「働き」そのものがどんなに素晴らしくても、
仕事の奴隷になってはいけない。

だから、目の前にどんな辛い事があって、
それを乗り越えるために頑張っていたとしても、
大切なものを見失ってはいけない。
自分の大切な人も見失ってはいけない。

ただ、それだけを思います。

私は人より頭が悪い分、
なんとか時間や労力でカバーしようと
いままで、必死に、必死に、やってきた。
それは、”つもり” なのかもしれないけれど。

その過程で、自分の親や大切な人をないがしろにするのは
本末転倒であると思う。

自分の大切にしているものや人
自分自身のこと

常に考えて生きられるわけではないかもしれないけど
やっぱり1番に大切にするべきもの。

いつも木を切る斧に油をさして、いたわる時間を忘れてはいけない。

感謝の気持ちを胸に、またがんばっていきますかね〜!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中