「事実」と、自分が信じる「真実」について。

昨日は久しぶりに人の前に立ってきました!
しかもなんと静岡で。笑

仕事が今は最優先なのですが、
昨日は羽をのばして、ゆったり静岡dayにしてきたのです。
2013-08-17 22.56.05-1
(お父さんが撮ってくれた写真。笑)

その帰りに、一緒に登壇した男の子に言われた言葉がすごく引っかかっているので
その事について、久しぶりに今日は言葉を綴りたいと思います。


「自分が死んだら、それまで自分が見えなかった事実とかが
見えると思うんですけど、どう思いますか?」
って。
(ニュアンス的にこんな感じ…笑)

「事実」と「真実」に関しては、以前も言葉を綴った事があって。
(記事はこちら

果たして自分が信じている事が、「事実」かどうかでいうと、
全てが「事実」では、ないと思っていて。

私は、物事をプラスに捉えようとしたり、良い面ばかりみようとするし、
物事の汚い面を受け入れる事を、意識的に避けようとしている。

きっと
人の事が好きだし、信じたいと思うけど
何度も裏切られてきて。

でも、物事をプラスに捉えるようになってから、
“裏切られる”とかって気持ちすらなくなって。
というより、裏切られた事にも気付かないから、
そんな生き方って楽だし、なにより自分が1番傷つかない。

自分の事を守る生き方を模索するなかで、私はこういった考え方に落ち着いたのだと思う。

だからきっと、どんなに罵倒されても、
どんなに汚い噂を聞いても、
相手のいい面を探そうとする。

それは良い意味でも悪い意味でも、私が私である理由だなあと。

だから、もし自分が死んだ時に、
それまでの本当の「事実」を知れるとしても
私は知りたくないし、知る必要もないと思う。

自分が信じる事が「真実」であって、それ以上も以下もない。
きっとそれだけでいい。

自分が信じたい事がなにで
自分が大切にしたいことがなにで

って、
その2つさえぶれなければ、
他人がどういうとか
事実がどうであるとか
重要ではないんじゃないかな、と私は思っています。

また抽象的な言葉でしめてしまった(^ω^)
しっかりと適した言葉選びができるように
もっと精進していこー。

今日もお仕事!
楽しんでいきますお!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中