「気をつける」とか「意識する」を使わない。

うはー。またまた久しぶりの更新となってしまいました・・・。笑
毎週1回は更新したいものですねえ。

生存確認の意味もこめてね(^ω^)
私はとっても元気です。
不甲斐なくなったり、まだまだ足りない事しかない自分だけど、
それでも前向きに生きられるようになりました。(ちょっとはね。笑)
5056730098_d8d20e66e5
最近の自分は、
「気をつける」「意識をする」という言葉を使わない事と闘っています。
(ようになったって書きたいけど、それはこのブログに書きたい事とずれてしまうので、我慢。笑)

誰しも、自分のできない事ってあると想うんです。
自分のできない事とか、何かに失敗した時によく使う、
「以後気をつけます。」って
なんにもならなくて、なんにも生み出さない言葉だなあと
改めて想いまして。

自分は普段から抽象的なものを大事にしているからこそ、
言葉もすごく抽象的でふわっとしがち。
思い返してみれば自分は、怒られた時や失敗したときに、
その場を綺麗な言葉をふわっと使ってしのぐ事を
今までずっとしてきました。

「気をつける」とか「意識する」って気持ちの問題だから、
具体的な行動に落とし込めない。
どれだけ気持ちを強くもっていても、1度身に付いてしまった習慣は
なかなか変えられないので、同じ事を繰り返してしまう。
その繰り返しで、気付けば自分は
出来ない事ばかり・甘える事ばかり
になっていました。笑

何かを失敗したり、できない事を見つけた時は
「じゃあ具体的にどうするの?」
という問いが必要になってきます。

たとえば、私は1つの物事を効率よく行う事が苦手です。
時間は、自分の睡眠時間を削ればある程度つくれると想ってしまうので
周りの人に比べると無駄に時間をかけている部分が多いです。

それを改善するために具体的に何をするか

全ての物事に対して「目的」をおくようになりました。
いま自分がしている事は、なんのためにしているのか?
そして、これを終える事によって、何が生み出されるのか?
ということ。

そして、それを宣言しています。
自分のできない事を書いているノートがあるので、
そこに書き出し、毎日1つずつチェックをし、
今日の自分はどうだったか。
と1日10分振り返り時間をとっています。

結局人間、甘えがどっかしらで出てしまうので、
意識ベースだとなおりきらないと想うんです。
私もまだまだ「意識します」「気をつけます」
といった類いの言葉を使ってしまいます。

ただ、成長意欲や、
自分がよりよくなろうという気持ちがあるのであれば
自分の出来ない事や苦手としているところは、
丁寧に1つずつ潰していかなければ
結局苦労するのは自分なんです。

「自分はできないから」とか
「あの人とは違うから」とか
そんな言い訳一生してたくないですもんね。

付け加えて言うと、怒られている時に
「○○を改善するために○○します!」
ってその場で言えた方が
相手もいい気持ちになるだろうし、
なにより自分ももやもやしない。
同じ事を繰り返さないようになる。
まあその次は、
それを本当に実行できるかどうかが問題になってくるんですが。笑

「自分に負荷をかけて、自分に責任をもつ。」って事ですかね。

自分の場合、この記事に書いてあるように、
全ての行動は「言葉」によって成されていると考えているから
今日のお話はしているっていう前提で。笑

さーて、土曜日もいっちょ頑張りますよ(`・ω・´)

広告

「気をつける」とか「意識する」を使わない。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 言葉はその人の品格を表す。と思うからこそ、「言葉」について改めて考えてみた。と同時に感じた自分の器の小ささ。 |

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中