21歳の、10月1日の振り返り。

楽しい時間も、辛い時間も、どんな時間であっても、
あっという間に時間は過ぎて行きますね。
ここ数日は特に怒濤の時の流れで、
息をつく暇がありませんでした。

電車に乗って、石川県から東京に戻る道。
トンネルを多く通るこの道は、ネットが繋がらないので
つらつらと想いを書き溜めようと考え、
少し自分の思考の整理のために
今日の記事は書きたいと思います。

2013-10-02 02.53.41

とっても神経をすり減らす出来事があって。
ただ、自分の感覚はだいぶ麻痺しているようで。
辛さや、悲しみは、日常に埋もれて、次第に感情までも忙殺される。

ただ、大切な人やモノを失うという事に直面したときは、
自分にとって「いままでの人生を省みる機会」になっています。
そんなタイミングは、いままでで3回かな。
そして1番大きな悲しみは、今年の2月でした。

今年の2月。
念願だったアメリカいきを真っ白にしたタイミングでした。
もしかしたら、現実から逃げたのかもしれないし、恐くなったのかもしれない。
ただ、自分にとってとても辛い決断だったのは事実。

そして、今の会社に出逢いました。
4月から働いて、はや半年が経ちました。
この半年、色んな事に向き合い、闘い、もがく時間が多かったです。
それ以上に、楽しい時間があるからこそ、頑張れていました。

ただ、そもそも“頑張れていた”っていう表現を使ってしまう自分は
きっとまだまだなんだろうなあと感じるのです。

きっと、いまの環境にいると、頑張るとかって当たり前のことで。
自分と闘うっていうのも、もっと当たり前のことで。

そもそも自分がいまの会社に入ったのは、
代表の想いに共感し、ワクワクしたからでした。
「会社の事業内容も知らない」そんな状況でしたが、
そんな事関係なく、とにかくワクワクしたのです。
彼の創る世界を一緒に見てみたいと強く感じました。

私は「人」が好きです。
そして今までの決断は全て人が絡んでいます。

幼い頃から、「誰かのためになりたい」という想いだけで生きてきました。
ガールスカウトをしていたのもありますが、
幼稚園生の時に、幼稚園に行きたがらない子の家をまわって靴をはかせていたり。
小学1年生の頃は、いじめっこの男の子に文句をいって、
逆に首をしめられて失神したり。笑
とりあえず、お節介だったなあと。笑

ただ、「誰かのためになりたい」というのは、
自分に自信がないからこそ持っていた感情なのかもしれない。
単なるエゴでしかなかったのかな。と、ここ最近は思うのです。

自分の事を自分で認めてあげられないから、
他人からの承認を心のどこかでいつも求めている。
「えらい子」「気が利く子」「目立つ子」「悪い子」
なんだっていいから、いままでは
他人からの承認を欲していたが故の行動が多かった気がします。
これは、自分が今まで気付いているようで
深く考える事を避けていた事実。

自分が傷つくのがきっと恐くて。
結局自分は、「人のことが好きな、そんな”自分”のことしか考えられていない」
要するに、「自分のことしか考えられていない」のだと、
そう思ったのです。

属人的な決断や生き方しかしてこなかったから、
自分は頑張りきれない。

536207608_0ed7071bd5

だから、このタイミングで、
「自分は何がしたかったんだっけ?
自分が大切にしているものってなんだっけ?
「誰か」のために本当になりたいんなら、どうすればいいんだっけ?」

という問いに帰ってきました。

強い信念や、やりたいこと、創りたい世界、大切な人。
なんでもいいと思うけど、
何か1つのために、限界を感じずにやるとか、
そのために「物事」を過程の1つと考えて、
丁寧に全てをやる必要があると思うんです。

そのたった1つの目的のために。

だから、人に依存した生き方をしてきていた
今までの自分は、とっても弱くて。
弱い自分すら認められないくらい
強がる事しかできなくて。

今ここで、また振り返る機会を創れて。
石川に帰る要因となったその起こった事実は、
とっても辛かったし、とっても神経をすり減らしたけど
やっぱり、起こる事全てに意味があると思っています。

そして、こうたさんの記事を読んで、
いま働いている環境に対して、
とっても共感した部分を引用して
そろそろ終わります。

>>
まず最初に起業体験は20代のうちに体験しておくことを強くおすすめする。
もしくは創業メンバーとして一期目、
もしくは5人以下のベンチャーにジョインすることも同じだろう。

全てを自分でやらなければいけない突破力や推進力、
自分で方向を示していく意思決定や責任、
稼ぐ力やメンタルタフネスなど、
学ぶものは非常に多い。

20代の失敗はいくらでも挽回できる。
賛否両論あるが3年スパンで人生設計をすれば、
22歳、25歳、28歳と3回挑戦できる。
挑戦しない者に成功は訪れない。

>>

はあ、自分は強くなるまでにあと何回脱皮すればいいんだろう。。。笑
とかってちょっと不甲斐なくなるけど、
日々を丁寧に過ごして行く事でしか答えはみえないのでしょう。

結局何が言いたかったのかよく分からない記事になってしまったけど、、、笑
久しぶりに長い文章書いたー!笑

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中