10月1日の振り返りからの、10月31日の気持ち。

この記事を書いてからはや1ヶ月。
21歳の、10月1日の振り返り。

この1ヶ月は、正直気持ちが落ち着かなくて
すごくすごく思い悩む時間が多かった期間となりましたが、
やっと気持ちが自然に前の方を向いて、
目の前の事に集中しようとなったので
一度ブログでもちゃんと文字を綴ろうと、今回の記事は書いています。

=====================

働いていた、大好きな、大好きな会社から
一旦離れる事になりました。
31448_512735775432319_608171096_n

この記事を書く前から、代表が記事で書いていたり
9月から10月にかけて弊社に起こった出来事と、少しずつ経営者になってきた僕と
私が最近前より時間がありそうな様子をみている方は、
既にお気づきかと思いますが・・・

一応、自分の口からも報告をしたかったので、
簡単にですがブログを書こうと思います。

最初に載せた記事でも分かるように、
気持ちが自然に前向きになるまでに、
10月1日から一ヶ月まるまる時間がかかりました。
「整理」なんて事は、いまの自分にできるわけもなく、
これから徐々に、いままで自分が逃げ続けてきていた
「自分と向き合う」事の必要性を痛感しています。

なので、書こうと思えばいくらでも書ける内容なのですが
会社を離れるに至った2つの要因を今回は簡単に書けたらなあと思っています。
(書けるかな・・・・まとまるかな・・・。笑)

まずひとつ。
身近な人が交通事故に合った事が、まあ今回の出来事のきっかけとなりました。
最愛の人を今年の2月に亡くしている自分としては、本当にショックな出来事でした。
(このタイミングで、自分の口からはあまり言いたくないのですが、
上記に貼った2つのリンクに結構書いてありますので。。。笑)
「いつでも心配。
地元に帰る頻度も増やしたい。
お見舞いにも行きたい。
そもそも、面倒を誰がみるんだ。。」
そんな気持ちを抱えたまま、スタートアップの会社で働き続けるほど
私は器用ではなかった・家族の事がなににも代えられないくらい大切だった

という事です。

正直、これは “1会社の創業メンバー” としては
許されないほどとっても甘えた考えであったと思います。
そして、そんな甘えた考えを抱いているのをわかりながら
いくらリスクを抱えたとしても
(たとえそれが自分の選択を正解にしたかったからだったとしても)
会社に置いてくれ続けた代表には、頭があがりません。

ふたつめに。
自分と向き合う必要があったこと。
正直、前述した理由が大きな要因ですが、
それだけではなかったと思っています。

以前記事で書いたように、(21歳の、10月1日の振り返り。
私には自分のことを考える必要がありました。
そして、それは今までずっと、ずっと必要性を感じ続けながらも
逃げてきていた自分の甘さであり、弱さでもありました。

(以下、上記の記事より抜粋)
だから、このタイミングで、
「自分は何がしたかったんだっけ?
自分が大切にしているものってなんだっけ?
「誰か」のために本当になりたいんなら、どうすればいいんだっけ?」
という問いに帰ってきました。

強い信念や、やりたいこと、創りたい世界、大切な人。
なんでもいいと思うけど、
何か1つのために、限界を感じずにやるとか、
そのために「物事」を過程の1つと考えて、
丁寧に全てをやる必要があると思うんです。

そのたった1つの目的のために。

ここでいう「そのたった1つの目的」を私は今まで理解しきれていませんでした。
だから、それを見つける必要があったのです。
これから先、同じ会社で、大好きな会社で働き続けるとしても。

そのためにも、私は一度 “就活” という試練に放り出されたのです。
正直、就活をする気が全くなかったために、
今すぐにでも逃げ出したいような
間に合わない・・!という焦りの気持ちでいっぱいですが、
自分の大切な会社を抜けてまで、しようと思った事なので、
しっかりとやりきりたいと思います。

就活という1つの試練を経た結果、
前の会社に戻るという選択肢をとるか
すごく行きたいと思える会社に出逢えて、そのまま入るのか
大切な人のそばにいたいから、地元に帰るのか
どんな1年後が待っているのかは
いまの自分には正直予想はできません。

だけど、支えてくれた人や期待してくれていた人に対しての
少しでも報いとして、目の前の事に真剣に全力を注ぐ責任が自分にはあると、
10月最終日にしてやっと思えているのです。

大好きな会社を抜けて、もぬけの殻でした。
今までずっと、時間も意識も、気持ちも全力で注いで来たものが
なくなるというのは
予想以上に、”空虚感” を連れてきました。

多くの人に支えられて、
多くの人に応援されて、
多くの人に心配されて。
半年間頑張って来た会社。

想い入れや、ここであった出来事は、多すぎて思い出しきれないです。
そして、多くの人にもらった期待に応えられるような結果ではなくなってしまった事、
正直とっても悔しくて、毎日のように泣いていました。
結局、半年間しか頑張れなかったのか・・・と、
もう、言葉にできないほど不甲斐なく、悔しいです。笑

何度も言いますが、
起こる事には全て理由や意味がある。
と思っています。
そして、自分が、意味をもたせられるように。

振り返った時に、「ああ、この時間は自分にとって本当に必要な時間だったなあ」
と思えるように、また1から丁寧に日々を過ごしていきたいと。

はい、坂本がんばります(^ω^)
文面にて大変簡単となってしまいましたが、ご報告させて頂きました。

広告

10月1日の振り返りからの、10月31日の気持ち。」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 2014年は、もっと人に対して全力で真摯に向き合います。 |

  2. ピンバック: 自分の、心の声を聞く。自分に素直に生きる。4月からの進路、リトルクラウドで働くという選択肢。 |

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中