言葉はその人の品格を表す。と思うからこそ、「言葉」について改めて考えてみた。と同時に感じた自分の器の小ささ。

「言葉はその人の品格を表す。」と私は考えています。
使っている言葉から、その人の器なり人格がある程度読み取れる。そして、その時の感情や気持ちも。
営業がうまい人とか、自分をコントロールできる人からはなかなか読み取る事は難しいけれども、友達や自分の大切な人と話している時、強く思うことではあります。

話す時だけではなく、綴る言葉にも、その人が何を大切にしているのか、どういう思考をもっているのか、は少し垣間みれます。

私のブログを読んでいる人や、私の周りにいる人はご存知の通り、私は「言葉」にとても敏感です。使う言葉を考えすぎて、自分の求めるぴったりの表現がなかなか見つからなくて、自分の気持ちをあらわすことができない時があるほど、気付けば、言葉には気を遣っている気がします。笑 伝えたい事、感じる事はどんどん溢れ出してくるのに、伝えるに足りない表現しか思いつかない時は、自分の感情を伝える事をぐっと我慢してしまうことも、3年前くらいの自分には少なくはない事でした。
伝えなきゃ、そもそも何も伝わらないんだけどね。笑 100じゃなくてもいいから、30とか40でも、伝えないと。伝えないと、0のまんま。

1449022733_f4ed01eb1a_z

そんな自分だから、私は小説を読む事が好きなんだと最近気付きました。
同じ事を感じていても、表現の仕方は人それぞれ。自分がいまできる表現の壁をこえて、色んな人の感性に触れる事ができるから。

言葉というのは、実際に口にしてしまうと、それは表面的なものでしかなくなってしまう。だからこそ、たぶん大事なのは、言葉の真偽ではなくて。その言葉を口にだすに至ったという事実なんだと思う。言葉になるということは、少しでもそう思う気持ちがあるということだから。

でもやっぱりぎすぎすした言葉を使う人は苦手で、どうしてもその人がその言葉をだすに至った過程を考える前に、自分の心に1つ壁をつくってしまいそうになる。
「う、無理、いやだ。」って。

そんな事してたら、その言葉を通して、相手の事を理解するなんて、不可能に近くなってしまうのに。
だから、そういった言葉を使う人が苦手、とか、そういったぎすぎすした言葉が自分の心に伝染してしまうとか、そういう「相手」基準ではなくて、自分が余裕をもてば、そういった「苦手」と思うような感情さえ、出てこないんだろうなあ。と、自分の器の小ささや余裕のなさに不甲斐なくなった。(最近のブログで書いてるの、自分が不甲斐なくなった事ばっかり。笑)
そういった言葉をぶつけてくる人に対して、まるっとその人のことを愛情や優しさで包む余裕さえあれば、相手のつかう言葉なんて関係ない。
その余裕さえあれば、冷静に、その人がその言葉を使うに至った過程を、知る事ができるようになる気がした。

どんな相手にも関係なく、本当に万別なく人を愛したい、人を知りたいと思っているのであれば、その余裕は必須。でも、その余裕は頑張ってつくれるものでも、”意識”してつくれるものでもない。”意識”というのは、無意味だからね。(詳しく:「気をつける」とか「意識する」を使わない。
じゃあ、どうやってできるようになるのか?
考えたけど、ちょっと分からない。笑 結局自分がどうありたいかを、貫き通すだけ。自分が心からそう在りたいと思っているのであれば、すぐにでもできる事のような気もする。

「相手をどうにかしたい、相手を変えたい」とかってエゴではなくて、「自分に相手どうこうが関係なくなるくらいの余裕をもち、相手のことをただただ見つめる」その事ができるようになるまではまだまだ自分は未熟者なんだけど、また1つ学んだ事であったので、またまたの自戒ブログ。

でも本当に「言葉はその人の品格を表す。」とは思っているからこそ、1つ1つの言葉に対して、ちゃんと向き合っていく。そして、言葉を丁寧に咀嚼する。
話す前は、私たちは言葉を自由に扱えるのに、口から発したり、文字として残した言葉に対しては奴隷になってしまう。
言葉は自分に対しての拘束力をもっていると私は考えています。

4825522260_f6d433757f

大好きなマザーテレサの、私の大切にしている言葉。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザー・テレサ

小説家になりたいわけでも、なんでもないんだけど、心地よい言葉はやっぱり人を穏やかにしてくれる要素をもっているから、私はこれからも言葉にこだわって生きていきたいなあ、とぼけーっと考える12月最終週でした。
ちなみに同じような事をアメブロで2年以上前に書いていて、やっぱり根本的な人の考え方とかって変わらないよなあ、また同じ事書いてるのかー…それって前に進めてないってことになっちゃうじゃん!ってちょっと凹んだ坂本でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中